FC2ブログ
新緑

サイト作りました

サイト作りました
ほとんど更新はこちらになると思います


舞い降りた大鴉

↑のだめだけではなく黒執事も扱っております
どうぞよろしくお願いしますorz
スポンサーサイト



by wing  at 16:43 |  トップページ |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

はじめまして。。。

はじめまして。。。
wingです
この度、頑張って小説を書いてみる事にしました。

えーと、紹介でも有りましたが・・・もう一回書いておきます。

「の/だ/め/カ/ン/タ/ー/ビ/レ」二次創作中心ブログです。原作者様、出版者様、その他関係者様とは一切関係ありません。苦手な方はご遠慮ください。

主にちあのだです
えと、コメントはなるべく返したいと思っています
少しでも良いななど思って頂いた小説がありましたら拍手をお願いします
今後の参考にさせていただきます
とても励みになるので、よろしくお願いします。







by wing  at 09:00 |  トップページ |  comment (1)  |  trackback (1)  |  page top ↑

INDEX

~INDEX~

ニューーーー5/21
sweetに「相応しい、彼女」を更新

↓new ↑old


■sweet

相合い傘
雨の日。。。傘が無いと辛いよね

突撃☆
急にパリの千秋とのだめの元にあの男が・・・

迷子予防策(前編) / 迷子予防策(後編)
花火大会♪迷子予防に一番良い物は・・・

真実(前編)真実(後編)
征子ママ登場。
千秋が飛行機に乗れた理由を知ります。

ナンなんですか・・・?
先輩にとって、のだめはナンなんですか・・・?

風邪にはピアノを
大学時代。
千秋風邪ネタです。

もう、絶対来ねぇ
千秋頑張れ!!

信じられない
マキちゃん視点。大学時代♪

髪を切るときは
ぬくぬく。甘いちあのだです

手袋が無くても
手袋が無くても、あなたがいれば・・・

ただ声が聞きたいだけ
千秋甘すぎです

今年・・・いや、これからも
初詣です。恋人設定。

のだめだけの特権
そんなあなたを見られるのは・・・

オレだけの特権
お前を独り占めできるのは・・・

揺れる髪の向こう側で
星よりもっと君の方が

ついてはいけない、嘘
エープリルフールネタです

相応しい、彼女
千秋に合う彼女

■serious

雨の冷たさも感じない
切ないネタ初です。

音が響かない
ピアノの音が響かない

待つことは出来ないから
オマエがオレに追いついてこい

Eternally (前編) / (後編)
のだめ死ネタです

ねぇ、たまには・・・
恋人って何ですか?

嘘が上手くなるたびに
真実と嘘が混ざり合う世界

上手に笑えてる・・・よね?
切→甘です。
sweetの部類かもしれない・・・


■long

The smile once again 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
そこまで長くならないと思います
切→甘って感じにしたいと思っています
途中でころころ視点が変わりますので・・・頑張って読んで下さい
by wing  at 23:08 |  index |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

相応しい、彼女

更新遅れて誠に申し訳ございませんっ(汗
いろいろ、忙しくて・・・(言い訳

はぃ
千秋sideです

+..,,,..+..,,,..+..,,,,,..+..,,,,..+..,,,,,..+..,,,..+..,,,..+..,,,..+

なんだ・・・?
今日、学校から帰ってきてからの、
のだめの様子がおかしい
コイツがおかしいのはいつもの事だが、
なんか今日は“おかしい”の意味が違う


「のだめ、何かあったのか?」
「・・・・・」

「のだめ?」

いつもの元気がない
なんて言うか・・・・暗い
熱でもあるのかと額に手を当ててみても
特に熱があるわけでもない


「先輩・・・・・のだめって、先輩の彼女に相応しくないデスか?」
「・・・・は?」

唐突に聞かれた質問
お前が相応しくない・・・だって?

「誰かに言われたのか?」
「いえ・・・学校の友達が先輩が写ってるマルレのポスター見て、
 『千秋さんって絶対彼女いるよね。やっぱ知的美人系なのかな・・・』って
 そしたら、なんかのだめが彼女だって言えなくなっちゃって・・・」

「・・・なんで?」
「だって、のだめ美人じゃないし、何も出来ないし・・・
 のだめよりキレイな人はいっぱい居るし・・・」
「・・・・・・」

「先輩に・・・のだめは似合わないんじゃ・・・っ!」

戸惑いもなく抱きしめた

ったく、そんなことで悩んでたのか
何を今更・・・


「確かにお前はドジでアホで変態で、掃除も料理も出来ないけど・・・」
「・・・・・」

「オレ、お前のそういうトコ全部ひっくるめて好きになったんだけど?」
「ほぇ?」

いつもじゃ言えないセリフが今日はさらっと出てきた
お前が、こんな事で悩んでるのは気にくわない
気持ちがもっと伝わるように
もっと強く抱きしめた

「オレが選んだのはお前なんだから、相応しくないわけあるかっ!
 もっと自信持てよ」
「そ・・デスよね!」

ぱぁ、と顔が明るくなって
いつものようににっこり笑うのだめ
本当、単純なヤツ・・・

「じゃぁ、明日友達に夫って紹介してきますね!」
「ばっ・・・夫じゃねぇ!!」

でも、そういう単純なところも好き、なんだけどな

                    end


+..,,,..+..,,,..+..,,,,,..+..,,,,..+..,,,,,..+..,,,..+..,,,..+..,,,..+

のだめの単純なところ大好きです!
千秋に合うのはやっぱのだめだけですよね。
テーマ: 二次創作:小説 -  ジャンル: 小説・文学
by wing  at 15:51 |  novel |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ついてはいけない、嘘

今日は4月1日なので
エープリルフールネタを
千秋sideです

+..,,,..+..,,,..+..,,,,,..+..,,,,..+..,,,,,..+..,,,..+..,,,..+..,,,..+


  4月1日----
今日はエープリルフール
つまり、嘘を付いても咎められない日だ
特に今までこの日にはあんま関係なかったオレだが、
今回はちょっと考えがあった


今、オレの部屋に来てゴロゴロしているアイツ
  『野田 恵』
オレはこいつに散々嘘をつかれてきた

今さっきだって・・・
それを責めたけど
  『先輩、今日はエープリルフールデスよ♪』
とか言って流された


だから、今日はオレらしくないけど
たまには仕返しをしようと思ったんだ
都合の良いことにエープリルフールだって言うし・・・・
せっかくだから、利用させてもらう

「オイ、のだめ!お前、今日は帰れ!!」
「ほえ?ここはのだめの家・・・」
「ふざけんなー!!」

ここまでは、いつものパターン
でも今日はちょっと違う

「今日、ここに来る奴がいるから」
「ムキャ!?女の人ですか?」
「・・・あぁ、まぁそうだけど」
「浮気、じゃないですよね?」

いつもなら、絶対に否定するけど
今日だけは

「ん・・・そうだって言ったら?」
「え・・・」

のだめの顔がどんどん青ざめていった
ふっ、自業自得だ

「本当に、デスか?」
「あぁ」
「のだめ、邪魔ですか?」

のだめが真っ直ぐオレの目を見て言ってくる
これ、以上すると流石にヤバイかもな

「ハハハハ!!なんだ、その顔!嘘だよ、嘘。
 今日、エープリルフールだってお前が言っただろ?」
「嘘・・・だったんですか・・・・・?」

のだめは下を向いたまま震えている
流石に、怒るかな?

「・・・ふぇ・・良かったデス・・・・・・」

予想もしてなかった反応
・・・・泣いてる!?
やりすぎたか?

「ごっ・・・・ごめ・・」
「せんぱっ・・・・」

その瞬間、思いっきりのだめが抱きついてきた

「のだめ・・・?」
「・・・良かった・・・デス・・本当にのだめ・・・・・嫌われたかと、思いました」
「のだめ・・・・ごめん」
「先輩が謝ること無いですヨ・・・・ひっかかったのだめがいけないんデス」

コイツはオレを責めなかった
普通の女ならここで、きっと怒って出て行ってしまうんだろう
でも、のだめは・・・・

「エープリルフールに感謝しないとデスね・・・」
「え・・・?」
「だって、コレが嘘じゃなかったら、のだめ死んじゃいマス」
「大袈裟すぎだろ・・・・」

いきなり、何を言い出すかと思えば・・・コイツは
やっぱり、コイツは変だけど・・・・でも
のだめで良かった・・・・

「でも、先輩・・・・エープリルフールの効果は午前中だけデスヨ?」
「え?」

現在時刻  PM1:20

「げ・・・・」
「先輩、そんなのも知らないで、嘘を付いたんですか?」
「っ・・・・そんなの知るかっ」
「常識ですよ・・・ププッ」
「笑うな!」

結局は、オレがからかわれることに

エープリルフールでも、
ついてはいけない嘘はあるよな・・・・

まぁ、一件落着か・・・

             end

+..,,,..+..,,,..+..,,,,,..+..,,,,..+..,,,,,..+..,,,..+..,,,..+..,,,..+
今日がエープリルフールっていうのをさっきまで忘れてました(笑)
効果が切れちゃったな。。。。
テーマ: 二次創作:小説 -  ジャンル: 小説・文学
by wing  at 21:44 |  novel |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑